六角大王でおおしまっちょを作る

2011年12月25日 (日)

ぷっちょでアニメーションを作る

ぷっちょでアニメーションを作る

六角大王には簡易アニメ機能もついています。

物凄く複雑なのは出来ませんが、簡単なのは誰でも

作れます。

5分くらいで作ったものなので複雑な動きは

してませんが申し訳程度にアップしました。

3Dにするとぷっちょの髪がペッタリになってしまうので

もう少し膨らませるべきでした。

また暇な時手直しします。

他にモーフィングアニメも可能です。

モーフィングはライトウェーブの10倍くらい簡単です。

私はライトウェーブ6.5ライセンスも持ってますが難しくて

いまだに覚えてません。

六角大王はメタセコより機能が良くて

しかも簡単!家庭で初心者が楽しめるツールです。

2011年12月24日 (土)

ぷっちょをレンダリングで仕上げる

ぷっちょをレンダリングで仕上げる

六角大王には簡易シェードのような色々なレンダリング

があります、PC次第で時間はかかりますが、シェードに

近いくらいのリアル画像の制作も可能なのです。

簡単ですがぷっちょで違いを作ってみました。

アニメ調の仕上げ

I6

通常の仕上げ

I5

リアル調仕上げ極低速バージョン

I8

私が六角でつくったアンティーク室内ですが、このくらい

のパフォーマンスならキッチリできます。

シェードでやったら物凄く大変です!

O33

おおしまっちょを動かす ボーンを入れる

おおしまっちょを動かす ボーンを入れる

・次は動くように骨を入れます。

こちらも簡単です、まず各部を選択して編集から

合体させてください。

そして一旦非アクティブ、線表示にします。

P2

・折れ線ツールで中心から、左右足、左右手・・と

ポリゴン線を作っていきます。

この線がボーンになります。

I1

P3

P4

・ポイントの位置がおかしいので、ポイントをドラッグして

各パーツの中心に入るように移動させます。

P5

P6

・これで完成です、このレベルなら誰でも10分あれば

ボーンが出来ます。

あとは骨組みを有効にして間接が動くようにします。

P8

・実験して動かした時、肉が歪むようなら、影響という

範囲設定をドラッグで大きくします。

大きい方が肉が動きません。

ぷっちょの場合は顔の部分を思い切り影響をでかくして

ください。3Dではかなり難しい肉付けですが、六角だと

あっという間に終わります。

2011年12月23日 (金)

おおしまっちょ(ぷっちょ)の手足を作る

おおしまっちょ(ぷっちょ)の手足を作る

・色を塗って、複製して足の部分をもう一個作ります。

画像は4個ですが、2個になっています。

K4

・手と足の長さに調節します。矢印のツールで簡単に

伸縮できます。

K6

・手足を作ったら、回転ツールや移動ドラッグで体(顔)に

はめ込みます。

動き易いように普通のぷっちょより手足を長くしました。

K7

・大体画像通りはめ込みましたら複製で右(左)側も

2本手足をそれぞれ作ります。

鏡面ツールでも出来ますが、今回は複製でやりました。

片方も同じ位置になるように微調整して完成です!

P1

ぷっちょ完成!

2011年12月22日 (木)

おおしまっちょ(ぷっちょ)の腕を作る

おおしまっちょ(ぷっちょ)の腕を作る

・新規レイヤー後、最初に腕の大きさの円球ツールを実行します。

半分選択して、デリートキーで削除します。

K1

・削除した部分のポリゴン線が赤色に選択されて

いると思うので、それを後にドラッグして伸ばします。

K2

・ナイフツールで切り込みを真ん中と後に入れます。

間接を動かすためのものですが、3本くらいでいいと思います。

K3

続く・・・

2011年12月21日 (水)

おおしまっちょ(ぷっちょ)の目玉と眉毛を作る

おおしまっちょ(ぷっちょ)の目玉と眉毛を作る

・目玉は超簡単です。

新規レイヤーを作ってください。他は全部非アクティブです。

円柱ポリゴンを選んで目玉の形にします。

選択後、編集か立体のダイアログから角を丸めるという

のがありますので、1にして実行してください。

いがんで居たらポイント移動で微調整するか、

なめらかにするで調整してください。

Yh19

・色を塗ります、光沢が出るように、チュートリアル

の金属素材にしてみました、バケツツールで塗ります。

Yh20

・複製から左目をコピーして、画像を見てぷっちょに

近くなるように両目をはめこみます。

Yh21

・眉毛は前髪と一緒で、画像をなぞって折れ線ツール

で形を作ってください。

真ん中に線を横断させて少し出っ張れるようにします。

上や横にグリッドを移動させて形を整えます。

顔の球面にピッタリはめられるように眉を曲げるのがこつです。

ポイントだけではなく、回転ツールも利用します。

Yh22

・眉の色を塗って貼り付けて顔が完成しました!

Yh24

2011年12月20日 (火)

おおしまっちょ(ぷっちょ)の口を作る

おおしまっちょ(ぷっちょ)の口を作る

・テスクチャを貼るやり方もありますが、今回は

立体にしたいので、口の辺りのポリゴン面を幾つか

削除します。

Yh14

・折れ線ツールでぷっちょの口っぽくポイントと

線を繋げていきます。修正しますのでおおよそでいいです。

Yh15

・四角と三角にしてください、全ての面を張るでポリゴン面

を張ります。張れてなかったら多角形になっているという

ことなので修正してください。

Yh16

・横のグリッドにして唇のポイントを前に出してください。

これで口っぽくなります。

おおしまっちょの画像通り口の横を少し上げるなど微調整を

してください。

Yh17

・バケツツールで肌色と口の赤を足して完成です。

よりリアルな肌にしたい方はチュートリアルにバンプ素材が

ありますのでそいつを使用してください。

Yh18

2011年12月19日 (月)

おおしまっちょ(ぷっちょ)の顔を作る

おおしまっちょ(ぷっちょ)の顔を作る

・顔は超簡単です!

髪の毛の鉛筆を非アクテイブにしてください。

そして円球ツールで面長ポリゴンを作ります。

Kh10

・あごの部分を選択して、拡大ツールから少し

大きめにします。

拡大、縮小ツールで髪の毛に会うよう全体を調整します。

後はポイントを移動させて顔らしくなるように微調整します。

Yh11

・円球を選択して、立体→2分割を実行してください。

面が細かく分割されています。

Yh12

これで顔が出来ました。

Yh13

2011年12月18日 (日)

おおしまっちょ(ぷっちょ)髪の毛の調整

おおしまっちょ(ぷっちょ)髪の毛の調整

・前髪を非表示、ヘルメット部分を選択して

延長ツールで少し持ち上げます。

Yi10

・全てに面を張る・・で、ヘルメットを立体ポリゴンにします。

Yi11

・前髪ポリゴンを画像をみながら組み合わせます。

似るようにポイントをドラッグして調整もしてください。

Yi12

・ヘルメット部分の鉛筆マークを外して前髪と合体

させます。鉛筆マークのチェックを外すとレイヤーが非

アクティブになります。

Yi14

前髪のあたりのメットを少し調整

Yi15

・横の部分の髪がありませんので、折れ線ツールを使って

ポイントとポリゴン線を追加します。

これは最初の段階で追加してもいいです。

単に私がうっかり忘れただけで。最初にやっておいた

ほうが楽でした。

ポリゴン線とポイントは必ず三角か四角の面を貼れる

ようにしてください。

ライトウェーブだと四角以上のポイントでも貼れますが

六角では出来ません。

Yh1

・メットを選択後、全てに面を張る・・で、ポリゴンにします。

Yh3

・一応完成しました、後は髪のポイントをあちこち

ドラッグしてぷっちょの髪に近くなるように調整してください。

Yh4

・最後に全部選択後、加工→なめらかにする・・・実行して

ください、ボコボコなのが少し良くなります。

まだ歪みがありますので更に丸くなるようにポイントを調節します。

私は面倒だったので端折っています、完成度を求める

方は細部調整をしてください。

Yh7

・バケツツールで色を加えて完成!!

Yh9

2011年12月17日 (土)

おおしまっちょ(ぷっちょ)の前髪を作る

おおしまっちょ(ぷっちょ)の前髪を作る

・最初につくった頭の部分を非表示にしてください。

次に前髪用のレイヤーを追加します。

Yi

・折れ線ボタンで、ポイントとポリゴン線を作ります。

画像の髪型を見てなぞってクリックしてポイントを

入れてください。ポイントの数は任意です。

私は前髪を3つ作りましたが、1枚でもいいです。

だだし一枚だと立体にするのが少々見難いです。

Yii

・3枚のポリゴン線のポイントを一個一個ドラッグして顔に

フィットするように曲げていきます。

Yi3

・横や上にグリッドを移動して滑らかになるようにポイントを調整します。

レイヤーは前髪1枚につき1レイヤーでもいいです。

面倒なので1レイヤーで仕上げています。

Yi5

・出来上がったら全てに面を張る・・で平面ポリゴンにします。

Yi6

・一つずつ延長ツールでほんの少し伸ばして立体にします。

Yi7

・もう一度選択して全てに面を張る・・で、前髪の

立体ポリゴンが完成します。

たんざくというやつです、アニメっぽい髪を作る場合は

沢山たんざくを作って頭に重ねていきます。

ぷっちょはほぼヘルメットなのでたんざくは最小数で結構です。

Yi8

デジタルツール

無料ブログはココログ