« 2012年2月 | トップページ

2012年5月 3日 (木)

六角大王で漫画の抜き線3Dを作る2

・アニメ調のレンダリングでやるとやはり線が

飛んでしまいます。

M

・抜き線で3Dモデルを作るという

無駄な作業の高解像度レンダリング画像です。

光を当てると一部が飛んでしまいました。

一応綺麗には作ったんですが・・

どの角度からも抜き線になるという優れものです。

Mm

コミスタで後から線を引いてはいません!

Mmm

・こっちのはコミックスタジオに読み込んでみました。

影が必ず網点のグラデになるので分かると思います。

M6

・・以上・・

これが実際の漫画に利用できるかはわかりません。

将棋の漫画だったら駒が沢山出てくるので

余計な作業をしなくてよさそうです。

六角大王で漫画の抜き線3Dを作る

当方はコミックスタジオ所有者なので、

トレースすれば特に必要ありませんが、どうなるか

試したかったのであえて無駄なモデリングを試してみました。

六角にはアニメのレンダリング機能がついていますが、

線が太いか、細くするとやや飛んでしまうので漫画の

ような綺麗な抜き線が当然出来ません。

テスクチャを利用して抜き線を作ってみました。

線はコミックスタジオで引きました。

簡単な将棋のモデルにしました。

将棋の駒は当ブログに作り方を載せていますので

そちらをご参考にご覧下さい。

テスクチャ用の画像だけ載せておきます。

これを各面に貼れば完成します。

・上下用抜き線テスクチャ

C

C_2

・横面と先端用抜き線テスクチャ

K

Kk

普通にレンダリングするとこうなりますが

線抜きの仕上げは次の記事で・・・

Photo

•六角大王 らせん機能で金のうんこを作る3

  • 六角大王 らせん機能で金のうんこを作る3
  • ・レンダリングして仕上げました。

    座布団は附属チュートリアルのモデルデータです。

    もう少し分割して丸みをつけたほうが良かったです。

    K13

    K14

    K12

    ・フォトショで遊びました。

    何に活用していいかというとちょっと分かりません・・

    Kin

    75_copy

    六角大王 らせん機能で金のうんこを作る2

  • 六角大王 らせん機能で金のうんこを作る2
  • ・先端部分を折れ線ツールで作ります。

    K6

    ・全てに面を貼る→先っぽを曲げる為ナイフツールで

    切れ目を入れます。

    先端を少々曲げてください。

    K7

    ・下のほうも先端を作ります。

    K8

    ・こちらも同様の作業をして少々曲げます。

    K9

    ・全体を選択してツールから2分割くらいにして

    滑らかにします。

    そして細かい部分のポイントを整えます。

    K10

    ・色は附属のチュートリアルから金属質の

    テスクチャにしました。

    うんこが完成しました!

    K11

    六角大王 らせん機能で金のうんこを作る

    六角大王 らせん機能で金のうんこを作る

    殆どの六角大王の機能は網羅したつもりですが、

    あまり使ってないパイプとらせん機能で作ろうと思いました。

    うんこの作り方は簡単です。

    ・折れ線ツールで丸っぽい形を作ります。

    K1

    ・立体から色々な形状の「らせん」を選択して

    適当なポイント数のぐるぐるを作ります。

    上の丸は比較的大きくすることです。

    うんこのとぐろがスカスカになってしまいます。

    K2

    ・マル→とぐろの順に選択して、同じ立体ツールの

    ツリーから今度はパイプを選択後、OKにします。

    うんこっぽいとぐろが完成しました。

    K3

    ・ポイントで調整してスカスカを密集させます。

    K4

    2に続く

    « 2012年2月 | トップページ

    デジタルツール

    無料ブログはココログ